05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BANDAGE がおうちにやってくる!

皆さま、朗報です♪

「BANDAGE」DVD発売決定です!  2010年07月23日発売


新星堂

タワーレコード

この夏、おうちでナツに会えますね~♪

スポンサーサイト

「BANDAGE」8回目

2週間ぶりの「BANDAGE」。(8回目)
友&仁なんかもあったりして、ちょっと「BANDAGE」離れしていたんですけど、
映画を見出すと、もうどっぷりのあの世界観に入ってしまうの。
改めて、すごい映画だな~と。
あと、人それぞれ好みがあるでしょうけど、私、本当にあの映画が好きなんです。(笑)

帰りの電車の中でなんでかな~と考えていたんですけど、
やっぱり、90年代前半のお話ということで、
アサコやナツと同世代だった自分の90年代と
オーバーラップさせてしまうからなんだと思うのです。

写るんです とか
あんまりお洒落じゃない居酒屋 とか (どーでもいいけど、あの福禄寿の頭は異様に長いですよねー)
当時使ってたキャンパスノート とか
長方形のパソコン とか

あと、練習スタジオに書かれた
「NO SMOKE NO FUTURE」は
90年代に某CDショップの広告で使ってた
「NO MUSIC NO LIFE」から来てるのかな~とか。

そういうとこだけでも、当時を思い出してしまうというか。

あと、やっぱり、20代の頃、物を作る仕事をしていたので、
様々なエピソードが当時の感情を呼び起こすというか。
岩井さんの言うところの、“感情の記憶”ってやつなんでしょうか。

初めて「BANDAGE」を見た時、たまらなく切なかったのが
新曲の作成をユカリが、ユキヤとアルミに依頼して、
生成りのパーカーを被ったナツがギターのピックをいじりながら椅子に座ってるシーン。
自分も曲作りができるのに、勝負の時に依頼がない。
これって、物を作る人にとって、どれだけの屈辱なんだろうと、本当に胸が締め付けられる思いでした。

そして、「元気」の歌詞をユカリさん、小久保さん、イトウさん3人の話し合いで
バッサリとカットされてしまうところ。

そう言えば、こういうこと、本当によくあったわーーー、と。(笑)

アルミじゃないけど、そう簡単に切ったり、貼ったり、できないんだyo----!
と若い私はよく憤慨していたものです。(笑)

でも、レコーディング中アルミに「ナツはどっちなんだよ!」と迫られるシーン。
あそこはナツの気持ちも判ったりして。

いずれにしても、あーそんな自分もいたんだな~と。
今の平穏な毎日を思うと、そんな頃の私がウソみたいで。 ←遠い目

と、そんな私の昔話は置いといて、
最初見た時から
ナツさま(仁さま)の一番の萌え萌えシーンは

コンビニから戻って車の中で
「キスしてくれたら教えてあげる」 → 「じゃあ いいです」 と断られた後の
ナツの笑顔ーーーーーーーー!!!
ナツというか、仁くんのあの笑い方がたまらなく好きなんです~~~~~
あの後、バックするのがめちゃくちゃ早いのにも、ホレボレですけどっ。(笑)

あと、くだらない事なんですけど、これも初回から
ユキヤが缶コーヒーの缶を置いていくところでは
「ゴミ箱捨てよーよ」と思ってしまう。 ←ただのオバチャン

そして、エンドロールと共に流れる「BANDAGE」。
この歌詞を映像化しながら聴くと、ほんとにいいんですよね。
小林さんがまずこの話が来た時に最初にこの曲を作ったというように、
この1曲に「BANDAGE」の世界観が集約されているんですよね。
よくあるじゃないですか、ドラマとかの最終回とかにそれまでのシーンのいくつかが流れるみたいな。
歌詞を脳内で映像化すると、まさにそれになるようで。
1番のサビの部分が2番のサビ後半に移動するじゃないですか。
あー、ナツ達も塊作ってたな~って思ったり。

あとこれは私の勝手な解釈ですけど、
もっかいあん時のよーに、しまってた羽伸ばして、オマエを迎えにいったんだろうな~と思って聞いています。
(歩いていったのはアサコだけど。)
そうすると、Happy感が増します。(笑)

***********

渋谷のHUMAXは26日まで上映。
うちの近所の映画館はシネコンなので、来週はあるかどうかまだ判らないー。
あと、もう一回は見に行きたいな~。



BANDAGE 7回目

昨日は前々から約束していたママ友と「BANDAGE」7回目。
7回目だと告げたら、やっぱり呆れられたーーー。(笑)

上映回数も減っちゃったのと、レディースデーだったのもあって、ほぼ満席。(^^)

友達曰く「現代版ハイティーンブギ」を想像していたらしく、
思っていたよりよかったと。  ←ハイティーブキにちょっと失礼!?(笑)

昨日は仁友さんと話していた、ナツはいつ青いパーカーを着ているかというところにも注目しつつ鑑賞。
わかりましたよー、青いパーカーを着ているシーン。

仁くんが雑誌で語っていた
90年代をモロ生きてた人には考えさせられることもあるようで。 との言葉。
ハイ!私、モロ90年代な人間。(笑)

ZEROで岩井さんがこの映画がカンフル剤になれば。。。。とおっしゃってましたけど、
ほんとにね、いろいろ考えさせられることもあります。

今度、時間がある時に感想をまとめたいな~。

では、今日はとりあえずお仕事に行って来ます!

BANDAGE 6回目

本日、1週間ぶりに「BANDAGE」。通算6回目。

の、前に、3回目の感想書いてなかったので、ちょっと覚え書きとして。
3回目は映画終盤の「20歳の戦争」演奏の前の湯刈信子さんの発言に注目してみました。
「いやよ、こんなアマチュアバンド」
この言い方に、湯刈さんの、ふかーーーいLANDSへの愛を感じましたーーー。
“いやよいやよも好きのうち”というか、“アマチュア上等”的な。(^^)

なんだか、いっぱい書きたいことはあるのだけれど、
どうも、最近、睡魔に勝てませんーーーーー。(汗)


とりあえず。。。。今日、行ったところ。


今日は六本木で鑑賞したので、そのままHobsonsへ。




Image539.jpg


11時59分59秒じゃありませんでしたけど。(笑)




Image540.jpg


噂のモンブラン。
もっと重いかと思ってたけど、中のクリームもかなり甘さが抑えられてて、ランチの後でもペロリでした。

NEWS ZERO 特別版

FREECELLを見る前に、家に着いたらまもなくZEROの特番でした。


NEWS ZERO 特別版  映画「BANDAGE」の世界 密着!赤西仁×小林武史×岩井俊二

まだ放送されていない地域がほとんどだと思いますので、
内容を含めた感想は畳みます~♪

続きを読む

プロフィール

○子

Author:○子
うかつにも、KAT-TUN
特に赤西仁くんの魅力に
どっぷりとハマリ中。
関東在住・一児の母です。
お気軽にコメントどうぞ♪

KAT-TUN、赤西仁くん応援サイト
【maison de chou chou】
~2006年11月までの旧ブログ
【旧maison de KAT-TUN】

●メール●

メールはこちらからどうぞ♪

BANDAGE

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最新情報をCHECK!

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

07  01  12  11  10  09  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

リンク

BANDAGE公式HP

FC2ブックマーク

BookMarklet:ブログ内に絵を描く

')}">ブログ内に絵を書く

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

素材をおかりしています

アンケート企画

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。