04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の3日間 その2 第一報からの3日間を振り返る

最初に、こんな自分の覚書を書き続けて申し訳ないです。
が、自分の気持ちの整理のために、書かせていただきます。(笑)
やっぱり、そしてやっぱり長い。(苦笑)

***************************
15日の朝、とっても私の気分はスッキリしていました。
ただ、寝不足で超~眠たかったけど。(笑)
そして、寝不足なのに片道2時間近くもかかるところへ
派遣の仕事に行かなければなりませんでした。

でも、電車に乗っている間、いろいろなことを冷静に考えることができました。

まずは最近、「care」の歌詞について思っていたことがあります。
私は実のところちょっとメッセージソングが苦手だったりします。
だけど、careの押し付けがましくない、優しい言葉は
普段の暮らしの中でフッと頭に浮かびあがることがあります。
そして、私の場合、その時々で浮かびあがる歌詞が違います。

最近、よく浮かび上がるフレーズは

あと何年かすれば 思い出になるだから~

夏くらいから、1ヶ月のサイクルの中で
どうしようもなくハードなスケジュールの時期があります。
気忙しく、心に余裕がなくなったときに、この歌詞がフッと思い浮かぶ。
そして、「そうだよなぁ~」なんて、気が楽になる。

そして、12日からの3日間、このフレーズが思い浮かんでは
この今を思い出にできたら、どんなに楽なことだろうと思いました。
仁くんの歌声を平常心で聞けて
仁くんの映像を普通に見られる日が
いつ来るんだろうかと思いました。

が、しかし!!!
15日、突然、思い出に変わっていました~!!!!
思いのほか早くて、自分でもびっくり。(あっ、お産の進み具合もそうでした~って誰も聞いてない!?)

今回の仁くんのことがきっかけではあったけど、
その他でも、いろいろ思うところはあったんですよね。
「ハルカナ約束」なんかを聞いていると、
やはりこれは十代の多感な少年達だった彼らが歌ってこそ、
さらにグッとくる歌なんだろうな~と思ったり。
(今、歌ってても、素敵なんですけどね。)
そして、デビューという大きな通過点を通ったりもした。
私がファンになる前の歌を見て、もう一度、今の姿で歌ってほしいな~なんて、
思ったりしたけど、
彼らはいつも新しい次の一手を用意している。
そんなところにも、
アイドルって生ものなんだわ~ということを実感してたんですよね。
だから、一瞬、一瞬、目が離せない。
亀ちゃんじゃないけど、日々、進化している。
ということは、どんどん過去になっていく。

そして、日々進化している中でも、今回の件はやっぱり、大きな大きな節目。
だからこそ、ここで私も一区切りつけようと思いました。
私生活もね、去年とはちょっと時間の流れも違ってきてるし。
なので、KAT-TUN応援ライフ・エピソード1、終了~!!!!!!という感じです。

この1年ちょっと、楽しい思いをたくさんさせていただきました。
メディアへの露出も多かったし、ライブも多かったし。

そして、何よりも仁くん。
少年から大人になろうとしている多感な時期を応援させていただいて
今ではとってもよかった、そう思えます。
時には歯がゆくて、胸が痛むこともあったけどね。(笑)
でも、こんなのって、人生のほんの一時。
その貴重な時期の赤西仁。しかと、目に焼き付けました!
まあ、私の中での仁くんの魅力はそんなことだけでなく、
無限大なんですけどね~。

次に姿を見る時は、もっとクラクラしちゃうような
魅力倍増、超ハイパー級の赤西仁になっているはず。
その時、その魅力でショック死しないように、心を鍛えておきます!!(←どうやって?)

という感じで私のKAT-TUN応援ライフ・エピソード2が始まるわけですが、
どんな感じになるのか、自分でもよくわかりません。

で、エピソード2に入る前に仁くんについての思いを再確認したいと思います。
それは、次のエントリーで。
(だって、ブログを始めてもっと仁くんのエントリーができると思っていたのに、
我ながら、カテゴリー・赤西仁が少ない!!っていつも思ってたりしたんです。
露出に比例してしまった感じですね。)

あっ、余談ですが、昨日の派遣先の上司は
なんと、偶然KAT-TUN電車で再会したお方なんです。
私、山の手線って年に1回乗るかどうかって感じなのに。
しかも、私の目の前、仁くん広告の真下にお座りに。
(でも、彼は私のこと知らないんですけど。)
そしてその2日後に派遣会社から仕事依頼の電話があったんですよね~。
なんだか、デスティ二―ですわ。(笑)
KAT-TUN電車は私に仕事も運ぶのか~。
その時のエントリーは→ こちらから
スポンサーサイト

私の3日間 第一報からの3日間を振り返る

12日の私は不安でした。そして、悲しみに襲われました。

第一報を聞いた私は、結構冷静でした。
私がファンになって1年ちょっと。
その間見ていても、“赤西仁は揺れている”そんな感じがしました。
だから、休息もありうるな、そんな風に思えました。
しかし、どうして、今、その選択をしたのか、
事実はどうなのか?
仁くんは今、どうしているのか?
不安でしょうがありませんでした。

そして、その後どうしようもない、悲しみがやってきました。

仁くんは今、失意の中にいるのではないか。
そんな気がしてしまったのです。

事務所のコメントが発表されて、ちょっとホッとできました。
これで、安心して寝られる。
そう思ったのに、悲しくて、悲しくて、涙がとまりませんでした。
寝ようと思っても、次々に涙が出てきて、なかなか寝つくことができませんでした。


13日の私は悲しみがとまりませんでした。

この日の私は、とにかく泣いてました。
一日、自宅で一人でいるというのは、酷でした。(笑)
泣いたぶんだけ、笑顔が待っているなら、
ずっと笑っている、変な人になりそうだと思いました。

夜に6人のコメントが発表され、仁くんの会見がありました。
やっと、安堵の気持ちがわきました。
NEWS ZEROの記者会見。
仁くんの清々しい顔に、安心しました。
記者の質問に自分の言葉で伝えようとする仁くんの姿に感動しました。
そして、いつものようにおちゃらける仁くんや
前忠さんのチンプンカンプンな質問に寝耳に水という感じで
「えっ」と素で戸惑う仁くんを見て、不謹慎にも萌え萌えしてしまいました。
そして、何より引退・脱退は頭にないと言った仁くん。
そこに、光が見えました。


14日の私は怒っていました。

会見の仁くんの様子が少しでも知りたいと思っていろんなWSを見ました。
そこには、身勝手なことを言うマスコミの姿がありました。
自分たちの都合のいいようなところで勝手に編集して、
あたかも???な感じに仕上げられたVTRもありました。
仁くんのことを知らないのに、批判を浴びせる人たちもいました。
とても、腹が立ちました。

利益主義ですよね。
スキャンダラスに仕立ててあげて、新聞を売りたい、視聴率をとりたい。
そういうものなんですね、アホらしくなりました。
そして、それを公の電波にのせるんじゃないっ!!!とかなりご立腹しちゃいました。

でも、その後J-webの会見レポを読んで一気にその気持ちも安らぎました。
何かを掴みとりたい仁くん
上田くんのコメントに照れ笑いをする仁くん
帰る場所があるのはいいことですねと言われ、頷く仁くん
(↑これ、うまい誘導尋問って感じですよね、ナイスだわ!!)
知りたかった仁くんの姿がありました。
J-webさんに感謝をしました。

山P、斗真くんの日記も読みました。
いいお友達を持って、幸せものだね、仁くんは。
斗真くん、マスコミのことも書いてくれてたね。ありがとう。

気づくと、私の悲しみは、寂しさに変わっていました。

今回の件でわかりました。私の場合
悲しみという感情は、自分でもコントロールできず、襲ってくるものだけど、
寂しさは意外とコントロールできる。
寂しさは紛らわすこともできるし、何かで埋めることもできる。
だから、私は仁くんのいないKAT-TUNを見るのは寂しいけれど
なんとかなるような気がしてます。
ただ、今までとは違ったスタイルになっていくかもしれないけど。

昨日の「ひと恋」も見ました。
5人の歌声も聞きました。
仁くんの声がなくて、寂しかった。
でも、これを聞いたらまた、突如泣き出してしまうんじゃないかと思ったけれど
ちょっと、ウルっときた程度でした。

でもさぁ、あんな感じの会見だから思ったんだけど、
9月のレコーディング参加してもよかったんじゃないかな~。
歌番組は出られなくっても。

あっ、後、絶対デビューツアーのDVD出してください!!!

そして、15日の私へ続く。
(手短に書こうと思っていたのに、この長さ…。)

14日 ズムサタの会見報道を見て

私がファンになってから、仁くんの口から、
応援してくださいって言葉、聞いたことあったけな~。
昔はわからないど。

追記※さきほど、デビューツアーのパンフ見たら、
しっかりと応援してくださいって書いてありました~。すみませ~ん。


仁くんって相手の意思が伴うことに関しては言わないところがあるというか、
相手に選択をまかせるというか、
そんな感じですよね。

だから、待っててください とかそんな言葉は絶対に言わないだろうな~とは感じてましたが。


必ず、戻ってくるか?の質問に
状況次第でわからないと 答えた仁くん。
うん、だって先のことなんて、わかんないもんね。

100%確定してることしか、言わないんだよね。
たとえ、90%であっても、残りの10%があるのなら、言わない。
保証書がつけられるまでのことしか、言わないんだよね。

嘘が嫌いな仁くんだからこそのコメント。

そんな仁くんが言った、
引退や脱退について 「頭にない」 これはほんと、よかった~。
そんなの、想定外ってことだよね。

マスコミは行き先とか、時期とかを明確にしないことに
歯がゆさがあるみたいだけれど、
それを言ってしまったら、関係者がパニックになるでしょ~。
そんなこともわからないのかなぁ。

ひとつ、ひとつの質問にちゃんと落ち着いて、
嘘、偽りなく、自分の言葉で会見に臨んだ仁くん。

すごいよね~。
なかなか、できないんじゃないかな。
やっぱり、たいしたもんだよ! 赤西仁!!

一人の社会人として過ちかもしれないけど~行ってこい。
そんな風に言ってくれた、事務所にやっぱり、感謝ですね。

ズムサタのコメンテーターのおじさまが
仁くんのことを
しっかりしてる、新たしい風にふれたいんじゃないか、
メジャーに憧れるスポーツ選手と同じ
そんなようなコメントをしてくださったのが、嬉しかったな。

(そして、これは 知的冒険ハッケンへの怒りにつながるのである。 
ほんと、あのズムサタのおじさまは、いい人だ~。)

13日夜に会見 ~NEWS ZERO~

今日の夜からどんどんと、霧ははれていって、
今では昨日、今日とちょっとおセンチになってしまってた私が
やっぱり可笑しいくらいの境地に至りました~。

Johnnys'netの6人のコメント。

6人6様の個性あるコメント。
やっぱり、KAT-TUNだなぁ~って思いました。

会見はいつもの仁くんがいて、
ちゃんと落ち着いてて、
あたふたしてた自分がとっても滑稽に思えた!!

脱退、引退は 頭にないと!!

語学のソロ活動

大統領 ←アホかとちゃんとつっこみあり~!ありがとう。中丸くんかな?

レポーターの
「その先には?」
の質問のところで
光があるに決まってるじゃん!!と思った方も多いことでしょう。(笑)
しかし、仁くんはちゃんと真面目に答えてました。

ネット、ウェブの仁くんのコメント。
そして、会見でのファンへのメッセージ。
締めくくりの言葉は

5人を応援してください。

仁くんはいつもそうだよね。
こういう場面では自分のことよりも、周りのこと。
(なのに、このタイミングで留学…。だから、おもしろんだよ、赤西仁はっ!!)

うん、5人も応援するよ。
そして、どこか異国の地で頑張る仁くんもね、
遠い日本から応援してるよ!!

そして、一回りも二回りもおっきくなったら、
集合場所に集合だよ。

亀ちゃん、田口くん、聖、上田くん、中丸くん。
ほんと、いい仲間に恵まれたよね、仁くん。

集合場所に行ったその時、聖の髪は伸びてるのかな~。(笑)

本能 10/13~一夜明けて~

感情と理性がバラバラとしちゃってる感じです。
冷静に受け止めようとする自分もいるのだけれど
どうしよもなく、悲しくて、悔しい。

それでも、少しずつ、気持ちは整理されていくんだろうな。
時間とともに。

夏以降の仁くんの穏やかな笑顔を見て、
私もとっても穏やかな気持ちになれました。
無邪気な笑顔ではなく、慈愛の笑顔。
そう感じぜずにはいられませんでした。

仁くんはまだ、歌を歌うことが楽しいのかな。
ものを作ったりすることが、楽しいのかな。

好きなことを職業にできる人って、案外少ないんだよ、仁くん。
しかも、仁くんは天性の才能を持ってる。

離れてから気づくこともあるよね。

私もね、好きなことを職業に選んだくせに
慌しい毎日や、“うぎゃ~”となるような人間関係を見て
なんだか、うんざりしちゃった部分もあって、
別の暮らしを選んだことがあるんだ。
まあ、半分、時の流れに身をまかせって感じだったけど。(^^;)

自分が生まれ育った土地を離れて、結婚して、子供産んで、
普通に毎日を過ごしていたけど、
やっぱり、好きなことは忘れることができなかったみたい。


自分でもびっくりするくらいに、体に染み付いてた。
いや、自分でもびっくりするぐらいに、
他の仕事をして苦痛を感じたの。(笑)←おバカ

そして、やっと気づいたの。
元の仕事に戻ろうって。
私は、ここにたどり着くまでにとっても時間がかかったけれど
仁くんはどうかな?

今は赤西仁の本能を信じたいな。
歌いたくてしょうがない、
何かつくりあげたくてしょうがない
そんな、仁くんの本能を。

********
なんか、しめっぽい、しかも一人よがりのエントリーになっちゃったかな~。
もしかして、一貫性がない文章だったりするかもしれないけれど、
その時の正直な感情と思いを綴っていこうかなと思います。
わりと冷静なところが、私のウリだと思っていたんですけど、
そのペースを見事に乱してくれた仁くん~!!!!!!
あなたの存在は、思ったよりも、大きいみたいよ~!!!

プロフィール

○子

Author:○子
うかつにも、KAT-TUN
特に赤西仁くんの魅力に
どっぷりとハマリ中。
関東在住・一児の母です。
お気軽にコメントどうぞ♪

KAT-TUN、赤西仁くん応援サイト
【maison de chou chou】
~2006年11月までの旧ブログ
【旧maison de KAT-TUN】

●メール●

メールはこちらからどうぞ♪

BANDAGE

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最新情報をCHECK!

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

07  01  12  11  10  09  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

リンク

BANDAGE公式HP

FC2ブックマーク

BookMarklet:ブログ内に絵を描く

')}">ブログ内に絵を書く

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

素材をおかりしています

アンケート企画

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。