08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『WONDER』

あっという間に金曜日。(詳しく言うと、29日深夜。。。)
もう札幌公演初日から1週間が経つんですね~。
札幌から帰ってきて、「WONDER」のことをちゃんと書きたい!でも夜パソコンに向かおうとすると、強烈な睡魔に襲われ・・・(*´Д`)=з
ちゃんと書ける時に!と思っていたら、こんなに日にちが経ってしまいました。。。
という訳で、いまさら感たっぷりの「WONDER」感想。
私が見た各所の総括の感想です♪






***************

私が『WONDER』を見たのは、ドーム、新潟、札幌の3ヶ所。


東京ドーム 『WONDER』
私が一番最初に見たのはドーム公演2日目。
席はドーム2階スタンド、いわゆる天井席。
初日のレポなんかを拝見させていただいて「どこを見ていいかわからない!」という感想もありましたが、
天井席に関してはそんな心配はナッシング!
ドーム内を一望!
全体的に「WONDER」の世界が見渡せた、そんな感じです。(笑)
全部のモニターが見えて、
気合を入れて、いいもの見せようという意気込みの仁くんが踊る姿も見られて ←豆粒だったけど(笑)、
おされーなサウンドとおされーなPV、
ドーム全体の空気感が『WONDER』の世界観で統一されていて
ほんとに鳥肌ものというか、「仁くん、今回もすごいソロをお創りになったな~」と。
で、仁くん豆粒だったこともあり、『WONDER』のリズムに体を委ねながら、全体像と雰囲気を思う存分、楽しんだのでした。

新潟『WONDER』
ツアーで私が初めて参加したのは新潟最終日。
広島で仁くんより「うちわとペンライト置いて」と要望があったと聞き、
どんな感じかな~と思いながらの1部『WONDER』。
仁くんんから「ペンライト消して」の要望はなかったけど
ペンライトはちらほらついていてる程度だったと思います。

2部にはペンライト消して~と仁くんからの指示あり。
仁くんのお声があったからか、新潟ラストだったのかわかりませんが、会場も乗ってました~。
こういうのって、箱が小さい地方の会場ならではの空気感だったと思います。
新潟2部はアリーナ後方だったので
終盤センターで踊る仁くんが前方だったんですよね~。
それもあるのか視界に入る周りのお客さんが
皆、気持ちよさそうに踊っていたのが印象的でした♪
そして、この日でしたね、仁くんから100点もらえたのは。 (^_-)☆


札幌『WONDER』
そして、私のプレコン見納めとなる北海道最終日。
バッハ音楽に合わせてのまき戻しダンスが終わると仁くんより
「ペンライトとうちわを消して」とリクエスト。
その後、「うちわは消せないから消さなくていいです」 みたいな事を言っていたような。(笑)
さらに、「ペンライト全部消えるまで始めません!」と。
会場からペンライトの光が消えたところで「WONDER」スタート。

最初のダンスも仁くんの気合が入っているように感じられました。
とにかくキレキレ。
魅せるところは魅せるといった感じ。
そして、いつもと違って見えた理由、もう一つ。
この日は仁くんのハットがなかった!
サングラスはありましたけど。(笑)
ちょうど、RESCUEのPVに出てくる仁くんみたいな感じ。
ソフトにセットされた(もしくは、そのまんまなのか!?)髪がまた色っぽくてーーーー♪

センターステージに移動していくところで田口くんと聖も登場!
センターステージでは仁くん自身もフリーで「WONDER」を楽しんでいるという感じでした。
いつもだったら、ある程度フリがあって、
女性ダンサーさんと絡むところも決まっていると思うんですけど、
そうでないところで、指でクイクイってやって合図して
絡んで踊っていたり~。
聖と田口くんがフリーで踊ってくれたのも、盛り上がりましたー!
私の位置からは田口くんがよく見えたんですけど、
田口くんはいつものように長い手足を駆使して、踊るんですよ~。
そんな田口くんに笑顔で近づきながら、一緒に踊る仁くん&田口くんが
微笑ましくてーーーー。
いつも田口くんに悪態ついてる仁くんですが、(笑)
こういう瞬間になんとも言えない、愛情を垣間見るのですよ。(o^-')b
聖は田口くんのソロ、中丸くんのソロと共に大活躍でしたね。(後のマジックコーナーまで~)
とにかく笑顔で楽しそうに踊っている仁くんを見れただけでも
とっても満たされた気分になれたのでした~♪

余談ですけど、北海道ではアリーナ前方だったので
「WONDER」の終盤はセンターステージ手前になって
仁くん達の後ろを見てる感じだったんですよー。
なんだかねー、そうなると、ドリンクが欲しくなった!(笑)
まあ、それだけ“cluub WONDER”だったってことですよね。

曲が終わって花道を戻っていく仁くんは
自ら両手を挙げて拍手をして
なんとも言えない充足感に満ちたいい表情だったのです。
きっと仁くんの中でも満足のいく「WONDER」になったんじゃないのかなって思います♪

100点は出るのかな?と思いましたが、「ありがとうございました」とハケて行ったのでした。

が、しかし、その後の仁くんが可愛かった!!!
マジックコーナーで仁くんの友達だというマイケル・ジンクソンという外人に扮して
「WONDER」のことを語ってくれたのです!
「WONDERよかったよ~。」
「日本の皆も踊れるんだね」
「HOTだった」
などと言ってくれたのです!
普段の仁くんなら、照れちゃってこんなこと言えないと思うんですけど。(笑)
謎の外人に扮すれば、このようなことも言えちゃうんですね~。
あー、つくづく可愛い人だな♪♪♪

こうやって振り返ってみると、どんどん「WONDER」が進化していったように思えます。

ドームでは見せることを意識した「WONDER」
地方公演途中からはお客さんも楽しむ「WONDER」
TOUR FINALではお客さんも、仁くん自身も楽しむ「WONDER」

そうだ、6月のドームでは「WONDER」の歌詞がズーンと胸に響いたのでした。
前にも書いたけど、歌詞を見ると本当に規模のおっきなメッセージソングですね。
前回はジョン・レノンを思い出すなんて書いたけれど、
今思うのはマイケル・ジンクソンさんではなく、ジャクソンさん。
「Heal the World」を思い出すかな。

1曲でたくさーーーん楽しませてくれた「WONDER」。
本当に素敵なソロでした♪



Secret

プロフィール

○子

Author:○子
うかつにも、KAT-TUN
特に赤西仁くんの魅力に
どっぷりとハマリ中。
関東在住・一児の母です。
お気軽にコメントどうぞ♪

KAT-TUN、赤西仁くん応援サイト
【maison de chou chou】
~2006年11月までの旧ブログ
【旧maison de KAT-TUN】

●メール●

メールはこちらからどうぞ♪

BANDAGE

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最新情報をCHECK!

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

07  01  12  11  10  09  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

リンク

BANDAGE公式HP

FC2ブックマーク

BookMarklet:ブログ内に絵を描く

')}">ブログ内に絵を書く

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

素材をおかりしています

アンケート企画

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。